月経痛の薬でおすすめ009

月経痛におすすめの薬について

生理前の女性におこる月経前症候群とは


生理前の女性におこる月経前症候群とは

女性にはの体には出産をするための準備、生理周期があります。

その生理前になると体調がすぐれない症状があらわれる人が多いです。

例えば、気分が滅入る、イライラする、攻撃的になるといった精神面での不調や、下腹部の痛みや頭痛、肩こり、めまい、便秘や肌荒れなどの身体面の不調です。

女性の80%ほどの人は、なんらかの不快感を感じています。



生理前の心身の不調な症状を、月経前症候群と呼んでいます。

また、PMSとも呼ばれます。

月経前症候群とは、整理が始まる3〜10日前ほどからおこることが多く、不快な症状のことです。

日常生活に影響がでるほどの思い症状を抱えている人もいます。

月経前症候群の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れからによるものといわれています。

また、性格などのさまざまな要因が関係しているとも考えられています。

女性ホルモンは、卵巣から分泌されます。

卵巣ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの二つがありますが、プロゲステロンの分泌が高くなることでイライラする症状があらわれることがあります。



重い症状で困っている人は、我慢せずに婦人科の受診がおすすめです。

薬や低用量ピル、漢方薬などが処方されることがあります。

薬によって症状の緩和が期待できます。

また、子宮内膜症などの病気でも体調不良になるため、日常生活に支障をきたすほどの症状の場合はすぐに受診することがおすすめです。



自分でできる症状を緩和する方法もあります。

ホルモンバランスが乱れると自律神経に影響が出るといわれます。

その結果、体調不良がおこりやすいので、自律神経を整えることに効果が期待できます。

例えば、ストレスをためないこと、適度な運動をすること、バランスの摂れた食事をすること、などが挙げられます。



ストレスは自律神経に悪影響を与える原因のひとつです。

好きな音楽を聴いたり、ハーブティーを飲む、アロマを利用するなどリラックスした時間を設けることがおすすめです。

趣味の時間や旅行などを楽しむ時間も大切です。



また、適度な運動をすることでストレス解消にもつながります。

冷えも自律神経に悪い影響を与えるものなのですが、運動して基礎代謝を上げることで冷えの改善も期待できます。



バランスの摂れた食事をすることは生活の基本です。

その中で、大豆食品の摂取がおすすめです。

大豆製品に多く含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きがあり、ホルモンバランスを整える効果があるため症状が緩和できます。



月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、

メニュー

月経痛におすすめの薬について

Copyright (c) 2014 月経痛の薬でおすすめ009 All rights reserved.